【基礎から学ぼう】デバイス管理は重要課題/The Technology
HOME>Utility>【基礎から学ぼう】デバイス管理は重要課題

デバイスの利用

社員にモバイル端末を配っている企業は少なくないと思います。しかし、「情報漏えいしないか」「不正利用がないか」など心配は尽きませんよね。デバイス管理を使えば社内のモバイル端末を安心して使うことができます。デバイス管理のメリットについて説明します。

デバイス管理の利用口コミ

まずはスモールスタートから

デバイス管理を利用した時に我が社で始めたのではスモールスタートでした。まずは規制を高く設けることでリスクを回避する事ができるのです。最初は利用しにくかったですが、必要なことだったと思います。

リテラシーを高く持つ

デバイス管理を始めるにあたって「使いにくくなるのではないか」という不安があるのか、承認を得ることが難しかったのですが、リテラシーを高く持つこと必要だと訴えたことで利用を始めることができました。実際利用してみると予想より現場の手間は少なかったので安心しています。

よく理解してから利用しよう

機械に強い社員ばかりではないので、デバイス管理を初めてすぐは質問の嵐でした。こちらも説明をよく理解してから利用する必要があるなと感じています。あとアフターサービスが充実している業者を選ぶことが大切です。

フィルタリング機能の活用

システム

そもそもデバイス管理が必要な理由とは何なのでしょうか。デバイス管理とは、スマートフォンなど使用している端末以外のところからデバイスを管理したり監視したりすることが出来る仕組みのことです。例えばスマートフォンの場合、パソコンと違ってウイルスが入っているアプリでも、1度ダウンロードしきってしまわなければ、削除することができません。だからこそ、事前にダウンロードを制限する必要があるのです。また、アプリダウンロードだけでなく、ウェブサイトにフィルタリング等も、ウイルス対策に必要不可欠です。それらを可能にするのが、デバイス管理です。

紛失時の対策として

システム

ウイルス対策以外にも、デバイス管理をしている場合のメリットはあります。例えば、スマートフォンを紛失してしまった際、もしもそのスマートフォンが誰かの手に渡ってしまったら、個人情報を抜き取られてしまう可能性が高く、極めて危険です。特にスマートフォンには莫大な情報が入っているため、狙われやすく、対策を取っておく必要があります。もしその際にデバイス管理が出来ていれば、ほかの端末からそれらの情報をあらかじめ消去することができます。これによって、スマートフォン内部のデータや個人情報の漏洩を防ぐことが出来るのです。

広告募集中